So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

音楽関係書籍 kazuiki asao [Recent Top]


地平線の階段 (1979年)

地平線の階段 (1979年)

  • 作者: 細野 晴臣
  • 出版社/メーカー: 八曜社
  • 発売日: 1979/11/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



俺のバイブル。これでスーザン・ソンタグも知った。絶版だけど、割と見かける。



音楽の根源にあるもの (平凡社ライブラリー)

音楽の根源にあるもの (平凡社ライブラリー)

  • 作者: 小泉 文夫
  • 出版社/メーカー: 平凡社
  • 発売日: 1994/06
  • メディア: 新書



タイトル通りの素晴らしい内容。民族音楽学のパイオニアだとかは関係なく、音楽に携わる人間全ての心に響くと思う。上辺だけでない研究とはこういう事なんだと感じる。


ジャズ・カントリー (文学のおくりもの ベスト版)

ジャズ・カントリー (文学のおくりもの ベスト版)

  • 作者: ナット・ヘントフ
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1997/11/01
  • メディア: 単行本



恐ろしく平易な文章で書かれた(訳された?)小説。10代のころに読むべき、大好きな音楽小説のひとつ。
晶文社=ジャズだけど、これはジャズっていうよりも青春あれこれに重きを置いてる。作者のナットヘントフは俺にとって、中古ジャズレコードを買う道しるべになったような気がする。





ハイ・フィデリティ (新潮文庫)

ハイ・フィデリティ (新潮文庫)

  • 作者: ニック ホーンビィ
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1999/06
  • メディア: 文庫



解説にあるように、「どういう人間であるかより、何が好きかの方が大切」と思い込んでしまった「あがない」の小説。近日中、セルオアダイ全メンバーに一冊ずつ配布予定。

音、沈黙と測りあえるほどに

音、沈黙と測りあえるほどに

  • 作者: 武満 徹
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1971/01
  • メディア: 単行本



タイトル良すぎ。中身も示唆に富んでいて、自らの襟を正す思い。


東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編 (文春文庫)

東京大学のアルバート・アイラー―東大ジャズ講義録・歴史編 (文春文庫)

  • 作者: 菊地 成孔
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/03/10
  • メディア: 文庫



この人の音楽は全然面白いと思ったことが無いけど、本は最高によい。という人は俺だけじゃないはず。


文庫:ラブ・ゼネレーション (ROCK文庫)

文庫:ラブ・ゼネレーション (ROCK文庫)

  • 作者: 早川 義夫
  • 出版社/メーカー: シンコーミュージック
  • 発売日: 1998/12/10
  • メディア: 単行本


とにかくキモい。(ほめ言葉だが)ソロ、ジャックスの音源含め、怖いもの見たさっていうか、そんな感じ。中々手に入らなくて友人に借りてそのまま自分の物にしてます。


ブラック・マシン・ミュージック―ディスコ、ハウス、デトロイト・テクノ

ブラック・マシン・ミュージック―ディスコ、ハウス、デトロイト・テクノ

  • 作者: 野田 努
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2001/08
  • メディア: 単行本



ずいぶん前に読んで、凄くよかったような気がするけど手元にない。誰かもってたら貸してください。高くて買いなおす気になれない…。


奇妙な果実?ビリー・ホリデイ自伝 (晶文社クラシックス)

奇妙な果実?ビリー・ホリデイ自伝 (晶文社クラシックス)

  • 作者: ビリー ホリデイ
  • 出版社/メーカー: 晶文社
  • 発売日: 1998/01/01
  • メディア: 単行本



これは外せない。訳は大橋巨泉、間違いない、ノーダウト。


チャイコフスキー・コンクール―ピアニストが聴く現代 (中公文庫)

チャイコフスキー・コンクール―ピアニストが聴く現代 (中公文庫)

  • 作者: 中村 紘子
  • 出版社/メーカー: 中央公論社
  • 発売日: 1991/11
  • メディア: 文庫


隠れた名作。超ゴシップのり。クラッシック門外漢の俺でも楽しめた。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

SELLORDIE-RECORDS

ブラック・マシン・ミュージック―ディスコ、ハウス、デトロイト・テクノはおれも持っていたけど今手元に無い。
だれに貸したんだろうか。すごく良かった記憶だけがある。
菊地 成孔氏は喋っても面白い人です。
音楽はまあ、同感です。
by SELLORDIE-RECORDS (2010-11-15 09:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。